新着記事

2020年のおすすめ副業は、動画編集!



みなさん、こんにちは。
久しぶりの投稿になります。

今まで副業についてこのサイトを運営してきましたが、副業は順調にいっていますか?

2020年にもなり、ここでおすすめの副業をお伝えさせていただきます。
それは、「動画編集」です。

2019年より政府が「働きかた改革」によって、副業を推進する方向性をとり、企業がこぞって副業を解禁した年になります。
そして今年の2020年は、副業改革2年目ということもあり、副業をするサラリーマンは大幅に増えるんではないかと言われています。
っていうかすでに増えていると思われます。
それでもまだまだ副業をされている方って少ないのが現状です。
もちろん、本業で高給取りの方はする必要もないでしょう。
しかし、1000万円以上稼いでいる人は全体の数%ぐらいでほとんどの人はそうではないです。
副業で月2万円でも増えたら少し生活が変わるんじゃないでしょうか?
月5万円も増えたら全然違いますよね?
中には副業の給料が本業の給料を超えたなんて声も多く聞こえ、副業を疎かにしてはなりません。
だらだらと副業の現状について書きましたが、本題に移っていきましょう。

副業といえば、何を想像されますか?副業でもたくさんの種類があり、どの副業をするかは、正直、本人次第です。
その中で副業として人気になっているのが、プログラミングや動画編集、youtube、せどりetcなど挙げたらきりがないぐらい副業に関しての仕事はたくさんあります。

そこで私がおすすめする副業は、”動画編集”です。

今からでも遅くない!?
動画編集業界!
まず、この執筆について、動画編集における0から1にする方法をお伝えしたいと思います。
私が言う0から1というのは、何もしていない状態から行動を起こすことを言います。
稼ぐことを前提に動画編集するのなら、言わばそれは最終的な100だと私は思っております。
稼げる100については、また別の機会に書きたいと思います。

1.動画編集の仕事

動画編集の仕事について皆様はどのようなイメージをお持ちですか?
企業広告のような動画。
youtuberの動画。
テレビの動画。
全て言ってみれば、動画編集の仕事になるのです。
テレビ番組でも映像を撮って編集して、おもしろくして視聴者に見てもらう。
動画編集ってすごく裏方の仕事のイメージがないですか?
youtuberで例を見れば、ヒカキンさんやラファエルさん、ヒカルさんなどテレビのようなおもしろさがありますよね?
皆様ともお喋りがうまいというのもあるかもしれませんが、動画編集での魅せ方が非常に素晴らしいです。
動画編集ひとつで面白くもできて、面白なくもできます。
それだけ、動画編集って大事なんですよね。
だからyoutuberの方々は、動画編集者もビジネスパートナーとして対等に思っている方が多いです。

少し動画編集に興味が沸いてきませんか?
このページを見ていただいているということは、もうとっくに興味が沸いているということかもしれませんが。

2.まずは行動。

それでは動画編集をするうえで、何が必要か?
どのように始めたらいいの?という方がほとんどですね。
このページでは、動画編集について右も左も分からない全くの初心者の方に分かりやすく、解説を含め、教えられたらと思っております。
何をするにも、まずは第一歩を踏まないといけないということ。
就職をするにも、まずは企業にエントリーシートを書いて提出。これが第一歩ですよね。
アルバイトをするにも、まずは面接をしてもらわないと、ほとんどの場合は、採用されません。
まずは第一歩としての行動をしないことにはどうしようもありません。

3.第一に準備するもの

それでは動画編集者の第一歩として、まずするべきことはなんだと思いますか?
動画編集をする上で、絶対に必要な物。
分かりますよね?
そう、パソコンです。
パソコンが無ければ、動画編集はできません。
紙とペンだけでは、動画編集は絶対にできません。
パソコンは絶対に必要アイテムです。
今現在、こちらを見ていただいているってことはパソコンはお持ちですよね。
もしスマホで見られて、パソコンを持っていない方はまずはパソコンを買ってください。

どのようなパソコンが必要か?
動画編集を作業するうえで、初期投資なしの状態から始めることはできません。
スペックの低いパソコンを使ってしまうと、編集中、カクついて編集どころではありません。
高スペック過ぎるパソコンまでは必要ないですが、そこそこのスペックパソコンを使うようにしましょう。

必要スペック
動画編集の最低必要スペックは、
CPU:intel core i5以上
メモリ:16GB(ちなみに私は8GBです。)
SSD:容量が大きいほうがあるに越したことはありませんが、こちらは外付けHDDやSSDで代用可能です。
以上のスペックのパソコンを用意いたしましょう。
一番大事なのは、CPUとメモリの大きさです。

パソコンの種類はMac?それともWindows?
正直、この議論に関してはどちらでも良いと思います。
スペックさえクリアしていれば、どちらでもかまいません。
ちなみに私はMacbook Airを使っております。
Macbook Airではスペックが弱いという方もいますが、できないことないです。
事実、私はできています。
でも今から購入される方は、上記のスペック以上のパソコンを購入しましょう。
 

デスクトップ?ノートパソコン?
デスクトップかノートパソコンについてもスペックをクリアしていればどちらでもいいですが、家で作業される方はデスクトップで良いと思います。
ノートパソコンより安価ですし、画面も大きいので。
外でも仕事をしたいという方は、必然的にノートパソコンで良いと思います。

4.動画編集ソフト

パソコンの次に、必要なのは動画編集ソフトです。
動画編集ソフトもいっぱいあるのですが、有名なソフトと言えば、Final cut proかadobe premiere proの二択になるのではないでしょうか?
Final cut proに関しては、Macでしか使用できませんので、ご注意を。
私のおすすめはやはり、adobe premiere proです。
まだFilnal cut proは使用してませんので、操作性などの比較ができませんが、WIndowsでもMacでも利用できる
adobe premiere proを利用しましょう。

ちなみに、adobe製品を利用するなら、adobe creative cloudがおすすめ。
adobe creative cloudは、単体プランとコンプリートプランがあります。
お金に余裕のある方は、単体プランよりも、コンプリートプランに加入するようにしましょう。
単体プランなら、1製品しか利用できず、価格は2,480円(税別)です。
がコンプリートプランならadobe製品全てが利用できて、5,680円(税別)です。
といっても、毎月5,680円(税別)は非常に高額ですよね?
年間にして、68,160円でなかなかの金額です。
そこで、adobeコンプリートプランを格安で利用できるサービスがあります。
決してグレーな方法で格安で使用するとかじゃありません。
それが、デジハリオンラインというスクールに入ることです。
こちらのadobeマスター講座を受講すると、adobe製品の基礎を3ヶ月でマスターでき、adobeコンプリートプランを1年間利用できるんです。
しかも価格が、39,980円(税込)ということだけあって、基礎も学べて、正規価格も安いです。
たまにキャンペーンもしており、この価格より安いこともあるので、是非、チェックしてみてください。
是非ともadobe製品を使われる方はこちらで受講しましょう。
(ちなみに受講される際、自動更新というのがあるのですが、自動更新にはしないようにしてください。1年後、正規の料金を取られます。これについては、また別の機会で書かせていただきます。)

5.勉強方法

さてここまでは下準備としてお伝えしてきました。
作業に取り掛かるのはこれからです。
まずは、最低限の技術について触れていきましょう。

動画編集というのは、大きく分けて5つの仕事がございます。
一、カット編集
一、テロップ挿入
一、BGM、SE挿入
一、色調補正
一、音量調整

この操作を覚えることで、大まかな動画編集の作業はできます。
本当に本当のことを言えば、テロップ挿入だけの仕事もありますので、テロップ挿入さえまずは覚えてしまったら、仕事を受注できます。
私も動画編集を始めて一番初めの案件は、テロップ挿入のみの仕事でした。
動画編集の道はテロップ挿入から始まると言っても過言ではございません。
テロップ挿入はカットが分かればできます。

何で勉強すればよいのか?
最近は動画編集についての教材がいっぱいでてますよね。
教材買わなくても正直、良いと思います。
私は教材は使っておりません。
しかし、教材で勉強した方が稼ぐまでの近道になるかもしれません。
おすすめとしては、
movie hacks69,800円
ーこちらは生ハム帝国さんがされているオンライン教材で、youtuber向けの動画編集が学べる教材になっております。
udemyの笑撃的なAdobe Premiere Pro CC 動画編集チュートリアル!〜 Mac推奨ですがWinも歓迎〜9,600円
udemyの業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版 12,000円

ぐらいでしょうか。
movie hacksについては、他の2点に比べると高額ですので、お金に余裕のある方は学んでみるのもいいかもしれません。
お金に余裕がない方はudemyの教材でも十分に学べます。

それでも教材にもお金を掛けたくないという方は、adobeの公式チュートリアルかyoutubeにpremiere proのチュートリアルがたくさんアップされているので、そちらで勉強しましょう。
私は、この公式チュートリアルとyoutubeチュートリアルで操作方法は覚えました。
技術的に難しい技術もありますが、上記に記載した動画編集における5つの仕事について、勉強に時間が掛かるわけではありません。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。
ここまで実践できれば、動画編集における0から1に進めたと思います。
次回は動画編集における1から100(報酬発生)について書きたいと思います。

最後までご購読頂き、まことにありがとうございます。














初心者〜上級者まで
おすすめWPテーマ「ストーク」

デザイン性・操作性・カスタマイズ性も良く、初心者の方でも安心!購入から30日間は無料メールサポート付。
それで価格は10,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

シーヨ

皆さん、こんにちは! このサイトを運営しているシーヨと申します。 「やらなければ始まらない」が口癖のシーヨです。 動けばなんとかなるさ、みなさんで一緒にwinwinの関係が築けたらと思っております。