新着記事

誰のために記事を書いているのか?必要としてくれる人のために書く事が最優先。



みなさんはブログや記事は誰のために書いていますか?
・ただ日記として綴るために書いている。
・読者の方に為になる情報を提供している。
などなど、理由は人それぞれですよね。

記事を書くのに理由は特に必要ないですが、目的を持つことによってより素晴らしい記事になることもあります。

その点を以下に書いていきたいと思います。

目的を持つ事が大事

アクセス数を増やす事は容易ではありません。
アクセスアップに繋がる方法としてやり方はたくさんあるんですが、劇的にアップする方法はそんなに多くありません。
その方法については、また後日、記事にしたいと思います。

上記にも書きましたが、ブログを通じて何をしたいのか、目的をしっかりと持てていますか?

私が考えるに、ブログやアフィリエイトサイトをしている方々は、お小遣い稼ぎができればと思っている方は大半なのではないでしょうか?
ごく一部、そうじゃない方もおられるかもしれません。
もしその方が今記事を見られているのなら、ご了承ください。

ただ稼ぎたいから記事を書いている。
むやみやたらに商品を紹介している。

そんな記事を見て、みなさんならどう思いますか?
商品のことについて何もわかっていないのに、紹介するなよと、思いますよね。
しかも、その記事を見て買ってみようと思いませんよね?

そこだ大事なのです。

商品にしろ、何にしろ、いかにその紹介する物を読者に有益で買ってみたいと思わせられるかが重要です。
その紹介の仕方が一番大事なのです。
しかも、商品の良さを最大限に引っ張ってくる文章能力も必要になります。
これが非常に難しい。

いかに読者に響くようにその商品の良さをかけるかどうかです。
読者目線で書く事が何より大事なのです。

売れ売れ記事は敬遠される

たくさん記事を書かないことには検索エンジンに認識されず、サイトは下位にとどまったままです。
記事数は本当に大事です。
記事数を書く事がSEO対策の最善策というか、もっとも効果的な方法です。

しかし皆さんの中には、早く報酬を得ようと欲が出て、記事の文章を”買え買え”が全面に出ている記事をよく見受けますが、こういう類の記事は絶対に敬遠されます。
あとよく見受けられるのが、1記事に対してむやみやたらに商品へのリンクを貼り付けている記事です。

こういう記事ってどう思われます?
私なら見にくいし、リンクばかりだと見る気が無くなるというか見る気が失せますよね。

報酬を得る為にブログやサイトをしているのは当たり前なのですが、焦りは禁物です。
いくらそんな記事を書いていたってアクセス数アップなんか見込めません。

いかに読者にとって優良な記事を書くかが重要なのですが、なぜその商品が良いのか?どのように良いのか?
しっかりと説明をして順序立てて記事を書く。最後にリンクをつけることが一番いい記事の書き方です。

文章を書くのに基本となる、「起・承・転・結」。

記事もこれに沿って書いていくと書きやすいですし、読む方からしても読みやすい記事になります。

欲を出さずに記事を書いてみよう

まだ記事の書き方や組み立て方が分からないのでしたら、普通に日記を書く要領で書いてみましょう。
一旦、稼ぐことを忘れ、ただ記事を書く事に専念することですね。

最終的にお金がついてくればいい!という頭に切り替えて頑張ってみてください。

読者によって有益な記事を書く事が大切です。
何を持って有益なのか人それぞれかもしれませんが、自分自身が疑問に思うことは他の誰かも思っていることなので、それを記事にすればよいのです。

記事を書いていると以外と楽しくなってきますよ。
すぐに1000文字、1500文字なんかいっちゃいますから。

頑張ってみてください。














初心者〜上級者まで
おすすめWPテーマ「ストーク」

デザイン性・操作性・カスタマイズ性も良く、初心者の方でも安心!購入から30日間は無料メールサポート付。
それで価格は10,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

シーヨ

皆さん、こんにちは! このサイトを運営しているシーヨと申します。 「やらなければ始まらない」が口癖のシーヨです。 動けばなんとかなるさ、みなさんで一緒にwinwinの関係が築けたらと思っております。