読みやすい文章にするのは「文賢」で決まり!リライティングツール!



文賢について

サンタクロウ
最近頑張って文章を書いているのじゃが、ミスが目立つんじゃ。何かミスが減るいい方法はないかの〜?
シーヨ
それなら、いい支援ツールがありますよ!その名も「文賢」。
サンタクロウ
文賢??なんじゃ、それは〜!?!?
シーヨ
それでは私が詳しく「文賢」について説明しましょう。

文賢とは

文賢は、ライターやブロガー、編集者、マーケター、広報、経営者など、あらゆる人のライティングを助ける為に生まれた校閲(こうえつ)推敲(すいこう)支援ツールなんです。

自分自身で書いた文章を文賢に入力すれば、100を超える独自のチェックを行い、文章の改善点をリアルタイムで指摘してくれます。

文賢を使う方は、以下のような方におすすめです!
  1. これまで膨大な時間を掛けていた「校閲・推敲」を機械に任せられる。
  2. 「校閲・推敲」が楽になることで、文章を書くストレスが減ります。
  3. 機械が冷静にアドバイスをするため、編集者とライター間のコミュニケーショントラブルが減ります。
  4. 2,000を超える「たとえ表現」を使うことで、もっとおもしろい文章を書くことができます。
  5. 文章を書くときに、「恥をかく表現」や「失礼な表現」を使うことを未然に防げる。

このツールは、サイト運営はもちろんのこと、仕事のうえでも非常に重宝する支援ツールとなっております。

文賢の機能

基本機能

文賢では、自分で書いた文章をチェックし、改善点をリアルタイムで指摘する、Web上で動くクラウドツールです。
大きく分けて、4つの基本機能が文賢にはあります。

校閲支援機能

校閲(こうえつ)とは、日本語の間違いを直す作業のことです。
最近では、石原さとみさんが校閲を題材にしたドラマに主演されていましたね。

校閲支援機能では、以下の7つのチェックを行います。

  1. 誤った言葉のチェック
  2. 誤った敬語のチェック
  3. 気をつけるべき商標と固有名詞のチェック
  4. 差別語や不快語のチェック
  5. 誤用しやすい言葉のチェック
  6. ら抜き言葉のチェック
  7. 重複表現のチェック

たとえ表現機能

文章をより深く読んでもらう為には、文章表現を豊かにし、読み手の想像力に訴えかけることが重要です。
文賢には、2,000を超える「慣用句」や「ことわざ」、映画やマンガなどの「あるある」をベースにした「たとえ話」などが用意されており、それらをワンクリックで挿入できる「たとえ表現」が充実しています。

推敲支援機能

推敲(すいこう)とは、文章の制度を高めるために何度も繰り直す作業のことです。
文章が読みやすくなるかどうかは、推敲に掛かっています。

推敲では以下の項目をチェックしています。

  1. 接続詞をハイライトし、論理展開がスムーズかどうかのチェック
  2. 同じ助詞の連続使用のチェック
  3. 同じ文末表現の連続使用のチェック
  4. 二重否定表現のチェック
  5. 一文に読点が4つ以上存在していないかどうかのチェック
  6. 50文字以上の文に読点がないかどうかのチェック
  7. 漢字で書く方が良い言葉のチェック
  8. ひらがなで書く方が良い言葉のチェック
  9. カタカナで書く方が良い言葉のチェック
  10. 句点や記号のあとに改行がないかどうかのチェック
  11. 句点や記号以外で改行しているかどうかのチェック
  12. 記号が全角に統一されていないかどうかのチェック
  13. 英数字が半角に統一されていないかどうかのチェック
  14. ユーザーが設定した任意の文字列を使っていないかどうかのチェック

アドバイス機能

校閲や推敲のステップをクリアした文章に対して、詰めのアドバイスを表示してくれます。
アドバイス通りに進めていくと、文章の完成度は飛躍的に高まります。

辞書の編集機能

校閲や推敲のルールを一部編集することが可能です。

Google Chrome拡張機能

Google Chromeを使っているのであれば、文賢の「拡張機能」を使えます。
この拡張機能をインストールすれば、「文賢に送る」というメニューが表示されるようになります。
この拡張機能は、Google Chrome上で選択(ドラッグ)できる文章を、文賢へ送ってチェックできるようになるので、非常に時間短縮にもなります。

スマホやPC環境での文章表示の確認

文章の表示幅が変えられます。表示幅が変わると、読みやすさも変化します。
変更できる表示幅は以下の5種類になります。

  1. 21文字
  2. 35文字
  3. 37文字
  4. 40文字
  5. 50文字

文字数や漢字の含有率の確認

読みやすい文章を書く上では、漢字とひらがなのバランスはとても大事です。
漢字が多すぎると固い印象を与えますし、ひらがなが多すぎると平易すぎる印象になります。

文章の柔からさも読み手からすると非常に重要になります。

文賢の料金プラン

リリースキャンペーン中につき、初期費用5,400円(税込)(12/21より¥10,800となります)+月額費用1,980円(税込)です。

支払い方法としては、Paypalを用いたクレジットカード決済のみの対応となっています。

リリースキャンペーン中につき、早速ご購入を検討の方はこちらの公式サイトへ

まとめ

文章が変わると、読み手にも好印象をもってもらい、今まで以上に記事を読んでもらえるようになります。
完璧な文章というのは難しいですが、こういった支援ツールを使うことで、より良い文章になり、サイトの構成が格段にアップしますので、試す価値はあると思います。














初心者〜上級者まで
おすすめWPテーマ「ストーク」

デザイン性・操作性・カスタマイズ性も良く、初心者の方でも安心!購入から30日間は無料メールサポート付。
それで価格は10,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

シーヨ

皆さん、こんにちは! このサイトを運営しているシーヨと申します。 「やらなければ始まらない」が口癖のシーヨです。 動けばなんとかなるさ、みなさんで一緒にwinwinの関係が築けたらと思っております。